善きことはカタツムリの速度で動く

このところ、社会の動きの速度ではなく自然の時間の流れで生きようと思い、行動も動作も、思考もなるべくゆっくり丁寧に、本質を見逃さないようにとしながら生活していた。そんなところに、先日、八女散策の際に明永寺の掲示板に書かれたこの言葉に出会ったから、ああ、やっぱりこっちでいいのかと思えた。

今の時間のサイクルは僕には早すぎる、流行の移り変わりや、情報の賞味期限が短い。なんだか分からないうちにもうそれは終わっている。20代前半の頃はそういうものにも意識を向けていたけれど、追いかけても追いかけても、消費と浪費ばかりで、少しは得る物もあるけれど、結局そこにはあまり大事な物がない事を知った。だからもういいのだ。生きていく上で必要で大事な対象とじっくり時間をかけて向き合い、理解を深め、付き合っていこう。じっくり付き合った先に今まで現れなかった何かしらがあるのでしょう。

 

K20D5283

広告

Please write a comment.

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。